戦後処理でも、エネルギー政策同じだが日本とドイツの手法は違う。 日本はドイツに比

戦後処理でも、エネルギー政策同じだが日本とドイツの手法は違う。
日本はドイツに比べて長いスパンで物を考えない気がする。
日本は短期的な展望しまか見ていない。
そうして既得権益を持った勢力が、自分達に都合の良い仕組みで社会をガチガチに固める。
その結果、大きな社会変革が起こっても柔軟な対応が出来ない。
ドイツのやり方がベストとは言わないが、学ぶべき所は学ぶ方が良い。

脱原発「エネルギーシフト実現は『戦い』」 ドイツのエネルギー政策 シュタンツェル駐日大使に聞く
http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/31/volker-stanzel-interview-energyshift_n_4186441.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中