戦争とは、平和とは。

自衛隊が「駆けつけ警護」に行く予定の南スーダンは、米国と中国が石油利権を確保。南スーダンの紛争は、石油利権をめぐる部族間の紛争。自衛隊はアメリカと中国の利権を守るために働かされる気がする。それにしても、アメリカと中国は仲良く棲み分けをしています。中国脅威説って何だったんでしょうかね。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140114-00000001-wordleaf-m_est 

南スーダン派遣「軍要員」詳細一部抜粋 アメリカ 計6人 中国 計1052人 国連PKO要員派遣国統計 http://www.un.org/en/peacekeeping/contributors/2015/jul15_5.pdf 

@diabites4752: これが南スーダンの民兵達だ。彼らと敵対して、自衛隊はPKO駆けつけ警護の戦闘行為。南スーダンで自衛隊が中国軍を守って殺し合う相手は少年兵たち。自分の子と同じ年頃の子供たちを自衛官は撃てるのか。自殺者相次ぐ帰還兵。行かせてはならない https://twitter.com/diabites4752/status/647042848429203458 

自衛隊はアメリカと中国の軍要員を守る為に、南スーダンの13,000人の少年兵と戦争と命のやり取りをする事になるかも知れない。 @KentPage: 13,000 children are being used by armed groups/armed forces in #SouthSudan #ChildrenNOTSoldiers v/@unicefssudan https://twitter.com/kentpage/status/645432468036820992 
   
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中